whitetara

  • カラーセラピー東京 金山知佳子

色のイメージと心理 色相環と1次色・2次色・3次色

黄色の意味(1次色と色相環)~2018年メルマガ

更新日:

 

黄色の色相環1次色

頭上に輝く太陽の黄色

>> 6ベーシックカラーセラピーは1次色&2次色の「基本6色」だけを使用したカラーセラピーです。

 

1次色(プライマリーカラー)の黄色

 

赤、青、黄色のプライマリーカラー(1次色)の中で、赤色(レッド)に次いで馴染み深いのは黄色(イエロー)。

空の「中天」に輝く太陽の色、降り注ぐ暖かな光の色が黄色です。

多くのカラーセラピーシステムではカラーサークルの頂上に黄色を配置しています。(色相環は循環図なので、何色を頂上に置いても構いません。が個人的は黄色がトップにあるとしっくり来ます^^)

まさにピラミッドと太陽の配置ですね。

1次色の黄色が他の1次色と混ざり、2次色のオレンジ・グリーンが生まれ、更に混ざり合い3次色のターコイズ、スプリンググリーン(ミント)、ゴールドなどが生まれます。

 

黄色の色相環~カラーセラピーのカラーサークル

1次色(プライマリーカラー)の黄色(イエロー)

 

 

黄色(イエロー)の色の意味

 

チャクラではソーラープレクサスチャクラ。お腹のど真ん中(センター)にある色。五行では「中央」の色です。

アジア人にとっては「自分たちの肌の色」でもある黄色は、特に東洋では「太陽を表す高貴な色」と好まれました。

 

大地にいる人間が、頭上にある太陽に向かい上へ上へと上昇・解放されていく…そんな「精神性(知性)」や「希望」を意味するのがイエローです。

「自分自身を拡大させるための精神活動(知的欲求)」「好奇心と探求心」「自分の人生の中央に、自分を据える」…「中心にいる」質が強い色ですから、「自分の意志や意図を持ち自分を生きる(自分らしくある)ための知恵と自信」を求めます。

 

1次色&暖色仲間である赤色に比べると、黄色の「より軽い・より明るい」質を感じることが出来ると思います。

  • 黄色の「軽さ」は「スピーディ(神経伝達)」という特徴を持ちます。
  • 赤色の特徴は「直進的(ストレート)でパワフル」ですが、
  • 黄色は「軽快で軽やか」。
  • ネガティヴには「軽薄さ(ウソ・欺瞞)」「揺らぎやすさ(不安・心配)」として表れます。

二区分類でも黄色は、軽ー重の「軽」、陰ー陽の「陽」。

「軽快で」「明るい」イメージを与えてくれる典型的な色です。

 

1次色は生理学的にも明確な印象を与えてくれる分かりやすい色たちです。2次色・3次色と進むにつれ色のイメージは「複雑かつ曖昧」になっていきます。

もし「色の意味難しい~」と思う方は、まず1次色から始めると良いですよ^^

 

 

 色相環から色の意味を考える

 

 

-色のイメージと心理, 色相環と1次色・2次色・3次色
-, ,

Top

Copyright© カラーセラピーと色彩心理・色のイメージや心理的な意味 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.