whitetara

  • カラーセラピー東京 金山知佳子

カラーセラピー カラーセラピーの種類と資格

6ベーシックカラーセラピーとはなにか?

更新日:

6ベーシックカラーセラピーは2016年に名古屋のインセンス(カラーミラー・リビングカラージャパン)で開発されたカラーセラピーです。

センセーションなどメチエ系カラーセラピー有資格者は1DAYで資格取得が可能です。

 

 

6ベーシックカラーセラピー

 

 

基本6色のみのカラーセラピー

 

センセーションは10色、オーラライトは12色、アヴァターラは17色など

  • カラーセラピーシステムは、そのシステムが決めた色数

の中で心理分析を行います。言い方を変えると、

  • そのシステムの色相環(カラーサークル)内で心理分析をする縛り

があります。特に皆さんが混乱するのが、

「パープル」と「インディゴ」と「ロイヤルブルー」、「スプリンググリーン」と「ミント」と「ライム」などの三次色。三次色はカラーセラピーシステムで色名が違うことが多々あります。

ただし、

  • レッド・イエロー・ブルーの1次色
  • オレンジ・グリーン・バイオレットの2次色

は「基本6色(6ベーシックカラー)」と呼ばれ、どのシステムでも同じ色名です。

 

 

基本6色の色相環。カラーセラピーの1次色2次色

基本6色(6ベーシックカラー)

 

6ベーシックカラーセラピーは、この6色6本のみを用いたカラーセラピーです。

  • この6本のボトルを「六芒星」の形に配置し、
  • 「精神的な目標」と「サポート」
  • 「現実的な目標」とサポート」

などを置かれた位置と色の意味で心理分析を行うシンプルなカラーセラピーです。

 

 

 

6ベーシックカラーセラピーお勧めポイント

 

ボトルの数も少なく、持ち運び便利です。

また6本のボトルにはそれぞれアロマが入っていますので、カウンセリング後のカラーヒーリングもばっちりです。

ただ「カラーセラピー初心者」の方より、

  • すでにカラーセラピストだけど、色の意味や色の関連性(補色など)に苦手意識が残る方
  • 「過去」~「未来」のシステムとは違う「形」分析をメニューに加えたい方

など「基礎力をすでにお持ちの方」が「色を駆使するスキル上げ」として活用するためのシステムとして特におすすめしています。

 

6本全部を形に配置するので、「補色関係」「混色関係」の分析を深めるチャンスです。

6本全部を形に配置するので、「補色関係」「混色関係」の分析を深めるチャンスです。

 

 

 

6ベーシックカラーセラピー養成講座

 受講費用  70,000円(税・ボトル6本・テキスト代込み)
 入学金  10,000円(当校初受講時のみ)
 受講時間  全10時間 基本10時~16時×2日間
認定資格  6ベーシックカラーセラピー・ジャパン(インセンス)より6ベーシックカラーセラピストとして認定されます。

 

他、カラーセラピスト割引など詳細はホワイトターラメインサイトにてご確認ください。

 

 

よくあるご質問

Q.受講前にセッションを受けたいのですが

個人セッションメニューがございます。当校HPにてご確認の上、コースをお選びください。

 

Q.説明会は開催していますか?

無料・有料説明会がございます。無料説明会/セッションなし:20分ほど。有料説明会/ショートセッションつき:1,000円。

 

 

 

 

-カラーセラピー, カラーセラピーの種類と資格
-,

Top

Copyright© カラーセラピーと色彩心理・色のイメージや心理的な意味 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.