whitetara

  • カラーセラピー東京 金山知佳子

カラーセラピーの基礎知識 色のコラムあれこれ

元素の色(四大・五行・五大)

更新日:

西洋の四大元素・中国の陰陽五行・インドの五大など「元素論」は世界に数多くあり「色」や「形」が対応しています。

 

哲学者たちは人体や、人間を取り巻く自然物に共有される基本的な基本元素があると考え万物を分類しました。エンペドクレス、アリストテレスの四大元素論はギリシア・ローマ医学に、陰陽五行は中医学に、五大はアーユルヴェーダに。万物の構成を紐解く元素論は医学にも大きな影響を与え続けており、そこには必ず「色」があったのです。

 

四大元素と色

カラーセラピーに欠かせないのは「空気(風)」「火」「水」「土」の四大元素です。

BC450年頃にエンペドクレスにより提唱された四大元素論は、約100年後にアリストテレスに体系化されルネサンス時代までヨーロッパ思想の主流でした。哲学・論理学・医学・占星術・神秘主義…カラーセラピーに深く関わる西洋思想の根幹には必ず四大元素論があります。

またアリストテレスはエンペドクレスの四区分を発展させ、宇宙を満たす物質「エーテル」を加え五大元素としました。

「エーテル」物質は後に光の媒体物質とされアインシュタインに物理的には否定されていますが、現代でも神秘主義者は微細身としてエーテルという言葉を多用しています。

四元素(ギリシア・エジプト)

第一原質に、対の「温-冷」「湿-乾」が加わることで四元素が生まれます

 

アリストテレスの元素論は「湿と乾」「熱と冷」という対の二極・2組を統合させることを重視しています。四大元素を生み出し統合するのは「神」です。

4つの元素は世界の柱である。それらは初めに創造主の手によってカオスの中から放出され、かたどられる。

たがいに反撥しながら、現世の均衡と調和を保つ。天界の及ぼす力をとおして、それらは地球の上と下のすべてのものを生み出す。

ミカエル・センディウォギウス 17C

全てのものは「1つ」から生まれ、「1つ」は全てでもある。

上にあるがごとく地にもあれ。一は全、全は一。ヘルメス文書で知られる言葉ですが、カラーセラピーの「神性」「創造主」「統合」「全てを持つ」クリアの意味を真に理解するためには、西洋思想は欠かせません。

また、「均衡と調和に戻る」概念は、カラーセラピーセッションで導く補完性~「補色(カラーハーモニー)」「ミッシングカラー」や、リュッシャーカラーテストの「1番と3番」「2番と4番」(もしくは6カテゴリーの対バランス)のバランス是正など、カラーセラピーや心理分析に受け継がれています。

 

ただし、元素と「色」の象徴は様々な説があります。

四元素も、キリスト教会支配が強まる前は低地にたまる水を「黒」でシンボライズしたり、「黒」を大地に当てはめることもありました。シンボルカラーに絶対的な正解はありません。カラーセラピーでもシステムにより対応色の違いがあります。

スライドショーには JavaScript が必要です。

大切なのは「元素は何色か?」という議論ではなく、クライアントがセレクトした「色のバランス」を見て「均衡と調和を保つ」ようにセッションを行うことです。

 

医師であり錬金術師であるパラケルススは四大元素に四大天使、四大精霊を区分しました。

  • 「火」はミカエル。精霊はサラマンダ―
  • 「水」はガブリエル。精霊はウィンデーネ
  • 「土」はウリエル。精霊はノーム
  • 「空気(風)」はラファエル。精霊はシルフィー

 

ユングはタイプ論で「空気と土」「火と水」を性格類型し、対関係にあるタイプを「(成長の為に)自分が乗り越えるべきシャドウ」としました。

四大元素・ユングタイプ論

「火と水」「空気と土」「外向と内向」…自分のタイプの対にあるものがシャドウです。

 

カラーセラピーに大きな影響を与えている錬金術や精神分析もまた、四大元素論を多用しているのです。

 

陰陽五行の色

変わって中国もまた紀元前から「世界の構成元素」を5つに規定していました。

やはり最初は混沌(カオス)があり、澄んだ気(陽)と濁った気(陰)が上下に分離し、太陽と太陰(月)から5つの元素~木星・火星・土星・金星・水星が生まれたと考えられます。(これで日・月・火・水・木・金・土・日の1週間ですね。天地創造の1週間説より、わたしは好きです☆)

元素論とは混沌世界を整理し、理解するための智慧なのです。

陰陽五行説と色

偶数の四大元素は「対関係のバランス」。奇数の五行は「循環し続けるバランス」

 

  • 青く茂る「木」々は「青色」。季節は「春」「陽」
  • 赤く燃える「火」は「赤色」。季節は「夏」「陽」
  • 黄色い大「地」は「黄色」。季節は「土用」「陰陽」
  • 熱した「金」属(もしくは中華の西の白銀の峰)は「白色」。季節は「秋」「陰」
  • 低地に流れる「水」は「黒色」。季節は「冬」「陰」

対関係の均衡を保つ4元素と異なり、五行はエレメントからエレメントへ滞らずにスムーズに流れることが理想です。

クロモテラピーでは陰陽五行を用い「気の流れを是正するためのトリートメント」を施術しますし、センセーショントリコロールカラーセラピーは五行サイクルで分析・診断し「滞り」を見出します。

ただし「"色は光そのもの、神そのもの"の一神教下」のニューエイジャー・カラーヒーラーを経由した陰陽五行です。多くは「黒(闇)」の使用を避け、

  • 「木」は緑色
  • 「火」は赤色
  • 「土」は黄色
  • 「金」は白か紫色
  • 「水」は青色

と一部の色がアレンジされています。

 

五大と色

カラーセラピーにはあまり関係ないけれど、五大と色や形にご興味ある方は一部引用しておきました。全文は下記リンク先でどうぞ☆

仏教五大と色と意味

この記事の中ではカラーセラピーや西洋思想に影響が強い、エジプトギリシアの四元素、中国の五行、そしてインド&仏教(密教)五大に関し記していますが、マヤ、アステカ、アメリカインディアン…世界でさまざまな民族・文明が「元素論」を説いています。

人々を取り巻く自然環境が違うと構成要素も多少変わります。まして元素と色は多種多様な考え方があります。

 

真言密教・両界曼荼羅に欠かせない五智如来の色は、五大五色(五正色)が基本になっています。 色と形と仏教

元素と色

仏教五大は

  • 地大「黄色」
  • 水大「白色」
  • 火大「赤色」
  • 風大「黒色」
  • 空大「青色」

この五色で構成されています。 中国の陰陽五行は、

  • 地「黄色」
  • 水「黒色」
  • 火「朱色」
  • 木「青色」
  • 金「白色」

各思想や宗教で「世界を構成する元素」を定義づけ(象徴なので多種多様)、その国の文化や自然背景ありきで「色を象徴化」しているのでバラつきがあるのが面白いですね。 仏教五大は「形」も対応しています。そもそも曼荼羅とは修法時に創られる「祭壇」のこと。 ゆえに修法により「形」が定められ、形に伴い「色」も定められていました。

  • 白色「円形」
  • 黄色「方形」
  • 赤色「半月」
  • 黒または青「三角形」

アジアは特に暗い色~「青と緑」「青と黒」の境界線が曖昧。(日本の信号も視覚的に「緑」に見えても「青信号」ですし、緑の黒髪といえば艶やかな黒い髪のことです) 五大に時々「緑色」「紫色」が使用されたり、三角形が「黒または青」なのはそのような文化背景からです。  

色と形のシンボル

「円形」は「白く輝く満月」の色で、修法は「息災・完全性」。 円形のシンメトリーな完全性と、全ての色を含む、完璧かつ穢れのない「白色」 「方形」は「富や豊穣の黄色」で、修法は「増益」。 方形や四角、数字の4(タロットでは皇帝)など4つの柱に囲まれた空間は「安定」「物質世界」「王者」「地上の支配」などを表します。 「半円」は「情愛の赤色」。修法は「敬愛」。 ルートチャクラのレッドに馴染んでいると「半円」という不安定な形に赤を置くのは意外ですがw、愛情という心の中の炎と移ろいやすさを表しています。

仏教の色と形

五輪塔は五大(空「宝珠」風「半円」火「半月」水「円」地「方形」)を表しています。

  「三角形」は「黒色または青色」…というか、状況に暗雲が立ち込める様(目の前が真っ暗的な災厄・戦争などの凶事)を象徴しています。修法は「調伏」。 三角は刺激図形。「上昇」「向上」「知的刺激」を意味しますが、インドでは破壊の神シヴァの図形でもありますし(破壊神となったシヴァの色は黝い~青黒い~)、悪しきものを調伏する図形と言われればそうかもしれないですね。 西洋の四大元素では「水」「女性性」、精霊ではウィンデーネを象徴する青ですが、密教では「忿怒の色」とされています。  

 

 

-カラーセラピーの基礎知識, 色のコラムあれこれ
-, , , , , ,

Top

Copyright© カラーセラピーと色彩心理・色のイメージや心理的な意味 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.