whitetara

  • カラーセラピー東京 金山知佳子

履修生用「よくあるご質問」 色のコラムあれこれ 色彩心理学

フェイバー・ビレン

更新日:

フェイバー・ビレン(1900~1988)はカラーコンサルタント、カラーセラピストのみならず、色彩心理学に関わる全ての人に広く知らる色彩学の権威です。

アメリカ・シカゴの画家の息子として生まれたビレンは、シカゴ大学で美術教職のために色彩学を学び色彩の奥深さ~「特に、色から多くの様々な反応現象を起こす人間そのもの」~に魅了され研究をはじめます。

1934年、彼はシカゴの事務所で「カラーコンサルタント」と名乗り、個人・企業・政府を対象とした「カラーコンサルタント」を世界で初めてプロフェッショナル(職業)として確立しました。

 

フェイバー・ビレンの功績

カラーコンサルタントに求められる知識は多岐にわたります。

「色彩心理」を元に個人の心理から環境心理(個人住宅・公共施設、企業の環境色彩計画)、商品のパッケージデザイン、企業のコーポレートカラー…人間の世界すべてがコンサルティングの対象になります。

ビレンは、生理学、美学、心理学、人間工学、倫理学、経済学…「色が人間社会と個人の心理に与える影響」のために幅広い知識を活用し多くのカラーコンサルティングを行い、研究実績・功績を残しました。

人の為に、色を使う。そのために自身の研究・知識を使う

ビレンの色と人への姿勢は生涯変わりませんでした。

  • 1,000名中46人が事故を起こしていた工場は、ビレンが色彩環境を整備したことで6人の事故者に軽減することができました。
  • 破壊性の高い青少年が収容されているメンタルヘルスセンターでは、通路・カフェテリア・休憩室など用途に見合った色で環境を整えました。 特に病室は、収容者の年齢に応じたカラーが選択され、6年以上にわたるモニターの結果、収容者の破壊行動が激減しスタッフのモラルも向上たというデータもあります。
  • 大企業であるデュポン社、ゼネラルモータースをはじめ多くの工場やオフィス、学校や病院・精神病院、そして陸・海・空軍まで、ビレンはアメリカ国内に限らずヨーロッパにまで活躍の場を広げました。

このようなビレンの幅広い活躍は、

色がいかに人の暮らしに密接に関わり、人の心身に影響を与えるのか? 正しい知識を持ち色と光を積極的に活用する必要性

も示唆しています。

フェイバー・ビレン

IACC資料より

カラーコンサルタント~色をあつかう者

ビレンはフォード社はじめ大企業で多くのカラーコンサルティングを行いましたが、現代日本に暮らすわたしたちに身近な色では、

オレンジ色系統に最大の味覚訴求力があることを検証し、それが「セブン・イレブン」のCIカラーに採用されたことでも有名である。ビレン 色彩学の謎を解く/フェイバー・ビレン著 佐藤邦夫訳

あの誰もが見ている、セブンイレブンのコーポレートカラーですね☆

 

ただ現在、7-Eleven, Inc.公式では、

CIカラーは、1946年アメリカでの営業形態が7時~11時(23時)になり社名を「7-eleven」に変更した時に

  • 「7時=レッド~朝日」
  • 「11時(23時)=オレンジ~夕焼け」
  • 「グリーン=砂漠のオアシス」

とした。

このような説明で、今ビレンの名前は探せませんでした。

1946年当時、朝日のレッド、夕焼けのオレンジ、オアシスのグリーンなど基本連想物やシンボルを提案したのもビレンのような気がしますが。

セブンイレブンはさておき、カラーコンサルティングは建築・環境色彩だけではなく、企業イメージのコーポレートカラーの提案から、商品のカラーマーケティング・デザインまで幅広く手掛けます。

 

ビレンはリュッシャーカラーテストのマックス・リュッシャー博士、IACCのフレイリング博士とも親交がありました。

リュッシャーカラーテストに関してはビレンの著作の中で何度も言及されています。

フレイリング博士が創始した「IACC~国際カラーコンサルタント協会」では、フレイリング博士から協力を乞われたビレンがカリキュラムの編纂に大きくかかわっています。

リュッシャー博士もフレイリング博士もただの研究者ではなく、企業や個人のカラーデザインを手がけたり、アドバイザーとしても活躍をしています。

日本では「セラピスト」「アナリスト」「インテリアコーディネーター」など分業化されていますが、欧米では「色に関わる全てをやる~カラーコンサルタント」が多く活躍しています。(どう名乗るか?はご本人次第ですが)

IACCのカリキュラムタイトルを見ると「色を扱う者がどれだけの知識を持っているべきか」がわかると思います。

 

 

フェイバー・ビレンの著作

ビレンは精力的に講演を行いコンサルティングを行い、25冊の著作を残しています。現在も入手しやすい三冊(二冊)をご紹介します。

 
  • 「好きな色嫌いな色の性格診断テスト」フェイバー・ビレン 著/佐藤邦夫 訳(青蛾書房)

当校の履修生は、カラーセラピー総論のカラーテスト項目で必ずご紹介していますので、見たことがある方も多いかも。カラーセラピー講師になるなら必須です。

  • 「ビレン 色彩学の謎を解く」

  • 「ビレン 色彩心理学と色彩療法」

いずれも佐藤邦夫 訳(青蛾書房)ですが、「色彩学の謎を解く」→「色彩心理学と色彩療法」に改題されてますので、この2冊の内容は同じです。(表紙もタイトルも違うので、当校には両方あります^^;)

当校履修生は講座内で紹介していますが、フェイバー・ビレン、マックス・リュッシャー両氏は色彩の書籍で紹介されているのを目にして名前を憶えてる方も多いと思います。(Luscher~リュッシャー博士はカタカナ表記では「ルッシャー」などブレが出ますが)

カラーセラピスト、カラーコンサルタントを名乗る以上は、フェイバー・ビレンの著作は持っていた方が良いですよ^^

 

 

 色彩心理記事

-履修生用「よくあるご質問」, 色のコラムあれこれ, 色彩心理学
-, ,

Top

Copyright© カラーセラピーと色彩心理・色のイメージや心理的な意味 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.