whitetara

  • カラーセラピー東京 金山知佳子

リュッシャーカラーテスト 色彩心理学 色彩心理診断士フォローアップ

リュッシャーレッド~2017年メルマガ

更新日:

色彩心理学を代表するリュッシャーカラーテストの「色と心理」

興奮・活動性を感じさせる色

 

リュッシャーレッド3番は、「最も興奮・刺激を感じさせる色」として統計で選ばれた色です。

 

興奮・活動性の感情を感じさせる3番レッド

興奮・活動性の感情を感じさせる3番

 

リュッシャーカラーテストは「基礎心理学」における人間の基本四感情をベースに置いています。

全ての人類に共通する感情構造
「鎮静」-「興奮」
「緊張」-「解放」

この2対4つの感情は「全ての人類に共有される心理(感情)構造」と定義づけられています。

リュッシャーカラーテストでは、3万を越える人々から「各々の感情を、最も感じさせる色」として統計的に選び出された色を使用します。

 

 

 

リュッシャーレッドの感情と心理

 

リュッシャーレッドが引き起こす「興奮」「活動性」の感覚を適切(=)に持っている人は、
・「自分のパワーに対する自信」「取り組みへの意欲と行動力」「冒険心」を持ち、何事にも「積極的」です。チャレンジに対し「達成感」が得られるまで頑張り続けることができます。
・不測に起きるトラブル・課題も恐れず、向き合い・打開するだけのパワーが自分にあると感じています。時に大胆に自分の人生を切り開いていくことができます。

しかし、「自分のパワーを実感できず」り「体力や物理的な不足が続いてしまうと」、

「興奮」を過度に欲求する(++)
「今すぐに勝利の感覚を得たい」「焦り」「過活動」「自信不足を他者からの賞賛で埋めようとする」

「興奮」を過度に拒否(--)
「疲労・疲れている」「刺激に耐えうるパワーがない」「休息したい」「自分の行動が成果に結びつかないことに疲弊を感じる」

一過性であるなら問題ありませんが、過度な欲求・過度な拒否が長期的に続くと心身にさまざまな症状が表れてきます。

 

 

自己統制心理学と色彩心理診断士

 

「鎮静」の対には「興奮」があります。

健全な状態の人は、
活動し過ぎたら休息を、休息し過ぎたら活動を。
シーソーや振り子のように「鎮静」と「興奮」を行き来し、バランス「=」を保とうとする恒常性を持っています。

 

 

リュッシャーカラーテスト(カラーサイコアナリスト)診断では、ただ色の好き嫌いを選択していただくだけで、今の心理的な偏り・過度に執着・拒否を示している感情などが如実に表れます。
サイコアナリスト(色彩心理診断士)はデータを基に感情・欲求を詳細に分析し、自己統制(バランス是正)すべきポイントをレコメンデーションいたします。

「心の体温計」とも呼ばれるリュッシャーカラーテストは、身体の定期検診のように
「自分の心の温度(感情の偏りと統制方法)をデータで知る」
ための心理テストなのです。

 

 

 


 

 リュッシャーカラーテスト関連記事

 

-リュッシャーカラーテスト, 色彩心理学, 色彩心理診断士フォローアップ
-, ,

Top

Copyright© カラーセラピーと色彩心理・色のイメージや心理的な意味 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.