whitetara

  • カラーセラピー東京 金山知佳子

自然(基本連想)物から生まれた色の意味 色のイメージと心理

青色の基本連想物~2016年メルマガ

更新日:

今年(2016年)のメルマガは、2015年の勉強会「色の意味の構成」に入れていた「基本連想」の復習を兼ねてます。(テキストの「プライマリーアソシエーション」)

勉強会履修済みの方も、そうじゃない方も「自然の色」に立ち返ってみてください。

>> ホワイトターラ「カラーセラピスト勉強会」

 


 

ブルーは「青い空」の色です。
わたし達が(知識も常識も格段に少ない)原始人・古代人になりきった時、この色になにを感じますか?

青は「空」「平和」「休息」の色

 

皆さんは最近、空を見上げていますか?

夜空ならまだしも、活動時間である「昼の青い空」を見上げる時間は取りにくくなっている時代だと思います。
(環境~都市部に暮らすか地方に暮らすか・オフィスワークか否かで異なるとは思いますが)

古代の人間は、現代人より遥かに自然と近い距離で生きていました。(むしろ一体と言っても良いかも)

昼の青空の下で人間はまず大地に属する獲物や作物に集中します。生きる為の糧(レッド)は大地の上にあり、命を地上に維持するための営みもその延長線に存在します。

 

空の青

なにかにチャレンジしている最中は、空を見上げませんよね。

 

しかし生きる糧を得た後や、労働の中の休息の時は視線は大地を離れ「上」を見上げます。一仕事終え、
「あー疲れた」
と、大地から見上げる青い空は「休息」「平和」「穏やかさ」「落着き」の色です。

ブルーの青空はレッドの活動性の対比~「非活動」「鎮静」「静寂」を表すのです。

 

 青は内側に入る(内向・内省)色

 

暖色は「能動」「外向」の色。目の前の獲物や作物を手に入れる為の「能動」を引き起こします。

でも刺激のない「平和」な空のブルーを見つめている時、人間の意識は自ずと「内側」に向きます。

外では得られない刺激を、自分の中に探し始めるのです。

また、地平線上にある火や焚火・植物とは異なり、「青空」は決して人間が手に触れることができないものです。

ゆえに青空のブルーは形の無いもの~「精神性」や「信仰」、「哲学」といった形而上的で曖昧なものを連想させます。

チャクラバランスでもブルーから「精神性」が入りはじめますが、「空」のブルーは古くから人間にとって「休息」「平和」「静かな」「思索」の時間を表す色なのです。


 

このような「自然の色」と人類の長い長い付き合いから、「色彩象徴」が生まれカラーセラピーの「色の意味」に繋がっています。

「色の知識」に凝り固まり過ぎず、たまにはシンプルに自然の色に立ち返ると、色の本質が見えて来るかもしれませんよ♪

 

WHITE-TARA COLOR通信75 2016年5月1日配信済み

 


 

自然の色~関連ブログ

 

自然の色一覧

  東京・品川カラーセラピー  

-自然(基本連想)物から生まれた色の意味, 色のイメージと心理
-,

Top

Copyright© カラーセラピーと色彩心理・色のイメージや心理的な意味 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.