whitetara

  • カラーセラピー東京 金山知佳子

色のイメージと心理 色相環と1次色・2次色・3次色

クリアの意味(色相環)~2018年メルマガ

更新日:

 

2018年は、代表的な1次色・2次色・3次色を見てきました。

白色(クリア)の色相環~カラーセラピーのカラーサークル

全ての色を均等に持つ光(クリア)

センセーション、オーラライト、フレイムカラーセラピー…各システムのテキストには「そのシステムで使用している色のカラーサークル」が必ず掲載されています。

  • 自分が履修したカラーセラピーは「6ベーシックカラー」+何色を使用しているのか?
  • 自分が履修したカラーセラピーは「3次色にどの色名を用いているのか?」(すべてのシステムに共通しているのは1次色・2次色の6ベーシックカラーだけです)

〇〇カラーセラピストとして名乗る以上は、○○カラーセラピーの「基本構造」であるカラーサークルを把握し理解することが第1歩です。

 

色を円系に並べたカラーサークル(色相環)はカラーセラピー独自のものではありません。

デザイン・美術系の色相環に比べると10色~17色しか使用しないカラーセラピーの色相環は色数も少なく非常にシンプルですから、覚えるのは難しくないと思います。

 

 

Color is light 色は光~クリアの意味は?

 

太陽の白色光を分光すると色が生まれる(白色光は全ての色のスペクトルを持つ)…と科学的に証明したのはニュートンでした。
カラーセラピーの世界でも、すべての色を均等に・バランスよく持つと「クリア」になると考えます。

センセーションなら10色、オーラライトなら11色、アヴァターラなら16色、全ての色を「均等にそろえる」と「クリア~光」に戻るのです。

 

全ての色を均等に持つ白色光

全ての色を均等に持つ白色光

 

 

そんなクリアですから、カラーセラピーでも「全ての色を持つ」「全ての色のバランスを持つ」「統合」「全体性」「視野の広さ」など「全部持つ」テーマを強く持ちます。

  • チャクラの象徴が入れば「全てのチャクラを持つ」「全チャクラの統合」「肉体のコントロール」などの意味になります。
  • 「光は神そのもの」の象徴が入れば「全ての才能を持つ」「万能」「無から有を生み出す」の意味になります。

ただし今年は色相環の説明ですから「神」や「チャクラ」はさて置きまして…

 

 

 

外向の色も内向の色も、暖色も寒色も、均衡に持つ。

上手く行けば「完全なるバランス感覚を持つ人」「世の中の全てのことを、我がことのように感じて理解できる人」「視野の広さ」ですね。感性も才能もオールマイティで死角がありません
外に「なにか」を探す必要はなく「すべてが自分の中にある」「すべてを兼ね備えた」「すでに持ってる」人の色。

チャクラからのキーワード、神からのキーワード、色相環からのキーワード…どこから見てもクリアは特別な色なのです。

しかし、この強烈でパーフェクトな色がネガティブに転じると…

「特定の色がない」クリアは「何もない」「なんの感情もない」「なんの才能もない」「自分には何もない」と、これまた強烈なネガティブにもなり得る色です。

全部があるということは、「何もない」に転じます。
バランスが良いということは「傑出した個性が見出しにくい」「傑出した才能がわからない」~「無」に転じやすいのです。

 

色相に「光(明度)」を加えると色相環は次のステージへ

 

本来、光は「色」と区別して考えられます。今までの10色は色同士が混ざることで別の色(色名)を生み出しましたが、クリアが混ざることで「色」は別の段階へと移行します。

・今までの10色に光(クリア)を加えると「ペールカラー」になる。
・今までの10色の光(クリア)を下げると「ディープカラー」になる。

 

オーラライトやカラーミラー、センセーショントリコロールではお馴染みですね。「光(クリア)の質」を理解することでペールカラーやディープカラーを読み込むスキルが身につきます。
※ただし、唯一特別な色として「クリア+レッド」で「ピンク」が生み出されます。これは12月に☆

 

 


 

 色相環から色の意味を理解する

 

  東京・品川カラーセラピー  

-色のイメージと心理, 色相環と1次色・2次色・3次色
-, ,

Top

Copyright© カラーセラピーと色彩心理・色のイメージや心理的な意味 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.