whitetara

  • カラーセラピー東京 金山知佳子

色のコラムあれこれ

黒色の服を着る心理・その2

投稿日:

「思春期に黒を着る」については以前書きましたが、今回は「大人が黒を着る」場合です。

人間は情報の8~90%を視覚から得ています。

よく見ないとわからない形(デザイン)と異なり、「色からの刺激」はストレートで素早い。ゆえに「色を上手く身にまとえば強烈なファーストインプレッションを与えることができます。

黒色のイメージを活用する

「黒」は「権威」「保守」のイメージがあります。夜の闇の色ですから全身を黒でコーディネートしていると、

  • 権威的な
  • 近寄りがたさ
  • 親しみにくさ

が演出でき、上手く活用すると「独創性」「個性」「地位と権威」をアピールすることができます。

修道僧や墨染の衣など「求道者」「聖職者」の色でもあるので「我が道を突き進む」「禁欲的(ストイック)」な印象を与えることもできますね。

「建築家」は黒を好むと言われていますが、建築・デザイン系の方々は黒のイメージを「自分のブランディング」に使うのが上手い方が多い気がします。

 

また「黒」は「反抗」の色でもあります。思春期の黒でも書いたように、

  • 権威への反抗
  • 反体制
  • 自分を隠す(自分の繊細さを隠す)

「反抗」の黒を活用してるのは、カウンターカルチャーミュージック(ロックやパンク)のミュージシャンが代表的ですね。

黒色の服を着る心理・その1

これらの人たちは「黒を積極的に身にまとい、自分のアイデンティティーを表現してる」タイプ。多くは、

  • 色は黒に一貫してるけど「形(デザイン・フォルム)」にはこだわりがある
  • 色は黒に一貫してるけど「固有のブランド」をリスペクトしてる

「色」以外の部分で「自分の個性を表現」してる場合も多く、「積極的な黒色を活用」してるタイプと言えます。

最近、パーソナルカラーもやっている生徒さん方からよくお聞きしますが、

「近頃の若い子は黒を着ない。そもそも、若者向けの黒い服が売ってない」。

アースカラーやナチュラルテイストが流行している昨今、確かに10代でブラックを着てる子が減ったような…。昔は(←)10代って「ザ・反抗期」って感じでツッパリ(死語)ほど黒率が高かったんですけどw

全体性を重視する昨今の若者事情を反映してそうで、面白いですね。

 

消去法で黒(無彩色)の服を着る

しかし、「積極的な黒色の活用」タイプではない方々はどうでしょう?

例えば「黒」は白や黄色に比べ収縮色。

  • 痩せてみせるために黒ばかり着る

となると…「消去法で黒を選んでる」=「自分の為に色を選んでいない」感が出てきますよね。

 

また「黒」や無彩色はプライベートorパブリック、TOP問わず「大きく外さない」「汎用性が高い」色。

  • TPOを考える労を減らす(その都度、服や色を選ぶ労を減らす)

との理由で「黒」を着る方もいます。合理的ではあるかもしれませんが、色は「感情」を表します。

「色に惹かれる」「色を身に着ける」のは「自己尊重」「自己の表現」です。

 

ショッピング中、直感的に綺麗な有彩色に惹かれても、自宅のワードローブが無彩色で埋まってると、

「合わせにくい」「派手かな」「似合わないかな」

と、「色(感情・本能)の選択」を「意識(理性)」が抑圧してしまうことが多々あります。(低刺激な無彩色に慣れていると、有彩色が必要以上に派手に感じられます)

 

先日来日したIACC国際カラーコンサルタント代表Edda Mallyも「着る服の色はカラーセラピーでもある」とおっしゃってました。

わたしたち日本の受講生が着ている服の色にも非常に興味を示しまして、

  • 黒い服は太陽光からのエネルギーをブロックしてしまう。
  • 黒い服はよくない
  • 受講生の服の色がカラフルだと、自分(講師)もパワーを貰える

そんな主旨のことを何度もおっしゃってました。(かなりブラックがお嫌いな様子w)

「講義を受けてる学生が黒い服ばかりだと、講師である自分はパワーが貰えない」という主旨のこともおっしゃっており、「科学的根拠を元にした」IACC代表ではあるものの、こういう拘りはカラーセラピストっぽいですね。 >>「色を人の為に使う~国際カラーコンサルタント来日セミナー」

 

わたし個人は、黒はセクシーにもユニセックスにも着れる個性的な色だと思いますし「"あえての黒"を身に着ける」のは十分に自己表現だと思ってます。

でも「自分に手をかけない・手間を惜しむ(もしくは着る服の色を選ぶパワーがない)」がゆえの黒は、勿体ないな~と思います。

 

黒色はフェミニン・フォーマル・反抗・カジュアル…どの場面にも対応できる色です

黒色はフェミニン・フォーマル・反抗・カジュアル…どの場面にも対応できる色です

その1でも書きましたが、このように「黒を着る人」も様々なので「その方がなぜ黒を身にまとうのか?」を掘り下げないと「どんな人」とは断言できません。

 

黒は周囲からブロックしてくれる色

わたし自身が、すぴこん(その後"スピマ"に名称変更した、大規模スピリチュアル・イベント)に出展していた頃、黒を着てイベントに向かってました。

来場者も多いし、"目に見えないものを扱う出展者・目に見えないものを求めたお客さん"が多い環境だったので、

「なんか色々なものからブロックしたい(自分を護りたい)」

表れだったのかなーと後から気づきました(^^;

 

上のEdda Mallyは「生徒たちの服の色から、講師である自分がパワーを貰う」主旨のことをおっしゃってました。

でも「エネルギーを貰わないために黒で武装する」パターンもアリなんじゃないかと思うのです。

 

なので「黒い服は良い・悪い」ではなく、

  • ご本人が何らかの効果や表現を狙って、あえての黒を着ている

のか、

  • 無難な色として黒で妥協している

のか。着ている人の「心理」を聴いてみないと、正確なことはわからないのです。

服やインテリアを選んでいる時、ふと
「あれ?最近妙にこの色ばかり選んでいるな…」 「あれ?昔はこの色嫌いだったのに…」
と「自分が選ぶ色」に意識が向くことがありませんか?

また、お友達と会った時 「あれ?珍しい色を着てるね」 と言う会話をしたことはありませんか?

「惹かれる色」「気になる色」には意味があります。

赤い服を着たい時、青い服を着たい時、同じ気分なわけないですよね。その色を手に取る「理由」はちゃんとあるのです。
そのシグナルを紐解けたら楽しいと思いませんか?何気ないカラーチョイスの中に隠れた「自分の心の変化」を知り、人生に生かしたいと思いませんか?

 


 

【色のコラムあれこれ】
  東京・品川カラーセラピー  

-色のコラムあれこれ
-, ,

Top

Copyright© カラーセラピーと色彩心理・色のイメージや心理的な意味 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.