whitetara

  • カラーセラピー東京 金山知佳子

色のコラムあれこれ

オレンジ色の服を着る心理・その2

更新日:

オレンジ色の服を着る・その1では、
まだ色の意味性を知らなかった「わたし自身」が「楽しむためにオレンジ色を着た」経験をお伝えしました。

「その2」は、「自分以外の色経験から学ぶ」例を1つご紹介します。

オレンジはショックアブソーバー(ショックの吸収)の意味を持ちます

オレンジはショックアブソーバー(ショックの吸収)の意味を持ちます

ショックとトラウマを癒すオレンジ色

 

わたしがカラースクールを始め、数年たった頃のことです。

当校で扱っているカラーセラピーの養成講座では、講座内で各色の意味を細かくお伝えして行くのですが、

オレンジの「ショック」「トラウマ」「ショックアブソーバー」

を説明している時に、

  • 幼少期のトラウマがフラッシュバックした時に、いつも同じオレンジ色のセーターを着て部屋の隅で丸まっていた。
  • 不思議とそのセーターを着ると落ち着くことができた。

 

というご自身の経験をシェアしてくださった生徒さんがおりました。

個人情報ですから詳細は書けませんが、このエピソードにはオレンジの2つの側面が表れています。

  • 感情への大きな刺激~「ショック」「トラウマ」「感情の傷」のオレンジ
  • 過去の傷を癒す~「タイムラインのヒーリング」としてのオレンジ

オレンジは「感情に対する強い刺激(ポジティブなら歓喜・ネガティブならショック、トラウマ)」を表す色であり、同時に「その刺激を癒す(ショックを吸収する」色でもあります。

生徒さんがいつも手にしていたのは「オレンジ色」の「大き目のセーター」だったそうです。

身体全体を包み込んでくれる柔らかな感触と、視覚に入るオレンジ色。

膚に馴染んだオレンジ色のセーターに包まれながら少しずつ傷を手放し、感情を修復して行かれたのだと思います。

 

その1でご紹介した、わたし自身の経験もカラーセラピーとの出会い前でした。このエピソードも生徒さんが「色の意味」「カラーセラピー」に出会う前の出来事です。

その当時の生徒さんは「無意識に」オレンジ色のセーターを選び、オレンジ色で心身を包むことで「意図せず」回復・治癒のプロセスを辿っていたのです。

 

 

色の経験と記憶

 

色にまつわる個人的な記憶には、心理・感情的な意味が隠れています。

その当時は「色の意味を知らない」=「その色を選んだ自分の心理もわからない」ですが、

意味も分からず選んでいた色に、後から「意味があった」と気づくからこそ、

  • 選ぶ色には意味がある。
  • 自分に必要なものは「自分が」知っている。

色と自分へ信頼を持つことが出来ます。(この2つへの信頼は、カラーセラピストとして不可欠なものです)

 

何気ない記憶として埋もれている「自分の色経験(カラーセラピーに出会う前は「服の色」など身近な色に出やすいです)」を思い出していただくと…

「自分が無意識のうちに惹かれ、手にする色」と、「その時の自分の心理・環境的な条件」が強く紐づけされていることに驚くと思います。

 

感情を安定させてくれるオレンジの効果

感情を安定させてくれるオレンジ

色の意味はいくつもある

 

わたし自身は、

・「積極的に楽しみたい」気持ちをサポートしてもらうためにオレンジを着る(その1のエピソード)経験をしました。

今回登場して頂いた生徒さんは、

・過去の傷をいやすためにオレンジを着る(今回のエピソード)経験をシェアしてくださいました。

オレンジ色の服を着る2つのエピソードだけでも、

「オレンジ色の服を選んだ時の心理(動機)」

が全く違うことがわかります。

 

オレンジは「社交・交流・楽しむ」色ですが、オレンジを着ている人すべてが「社交的で快活で人生を楽しんでいる」わけではありません。
(よく「オレンジを着ている人はこんな人!」的アプローチを見かけますが、そこで終わると「色占い」になってしまいます)
「楽しむ」「享楽的」オレンジと、「トラウマ」「傷を癒す」オレンジ。もちろん両方のオレンジを経験している方もいます。

  • 自分自身が色経験を積むこと。
  • 他者の色経験をシェアしてもらうこと。

どちらも大切な学びです。この経験を通して「色の意味と心理」を体感していくことで、カラーセラピストとしての語彙力や表現力が広がっていきます。

 

当校の講座や勉強会はシェアリングに時間を割いておりますが、履修生の皆さまは日常的にも、

「自分が選んだ色」「お友達が選んでいる色」

服や小物などの色から様々な「心理」を体感し、楽しく学んで頂けるといいな~と思います^^

 

 

服やインテリアを選んでいる時、ふと
「あれ?最近妙にこの色ばかり選んでいるな…」 「あれ?昔はこの色嫌いだったのに…」
と「自分が選ぶ色」に意識が向くことがありませんか?

また、お友達と会った時 「あれ?珍しい色を着てるね」 と言う会話をしたことはありませんか?

「惹かれる色」「気になる色」には意味があります。

赤い服を着たい時、青い服を着たい時、同じ気分なわけないですよね。その色を手に取る「理由」はちゃんとあるのです。
そのシグナルを紐解けたら楽しいと思いませんか?何気ないカラーチョイスの中に隠れた「自分の心の変化」を知り、人生に生かしたいと思いませんか?

 

 


 

 

 

  東京・品川カラーセラピー  

-色のコラムあれこれ
-, ,

Top

Copyright© カラーセラピーと色彩心理・色のイメージや心理的な意味 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.