whitetara

  • カラーセラピー東京 金山知佳子

カラーセラピー カラーセラピーの種類と資格

アヴァターラカラーセラピーとは?

更新日:

アヴァターラは1996年、オーラソーマ創始者ヴィッキー・ウォールの姪であるマリオン・ザックにより創られた英国式カラーセラピーです。

  • 1984年 オーラソーマ
  • 1991年 オーラライト
  • 1996年 アヴァターラ

現在、日本でも様々なカラーセラピーが発信されていますがカラーセラピーシステムのルーツは上の3つです。アヴァターラは「3番目に誕生した」イギリス式カラーセラピーです。

アヴァターラカラーセラピー

アヴァターラカラーセラピーの特徴

アヴァターラは「第3のカラーセラピー」にふさわしく、オーラソーマやオーラライトのような「選ぶ本数の指定」はありません。また「過去~現在の流れ」も用いません。

  1. アヴァターラでセレクトするボトルの本数は「クライアントが好きなだけ」
  2. 「今現在」を重点的に読み解く
  3. 「今の問題・課題」「それにどのように対処しようとしているか?」などフレキシブルな分析法

上記のように、他のカラーセラピーとは違う特徴があります。

わたし自身がカラーセラピーを学んだ順も、カラーセラピーの誕生順・オーラソーマ→オーラライト→アヴァターラでした。

過去から未来の大きな流れを読み解くオーラソーマ、オーラライトの後に、

「好きな本数のボトルを選び」「今を重点的に読み解く」アヴァターラが誕生した

この必然性に、とても納得した記憶があります。

 

アヴァターラ・システム

ボトルの数は52本。使用色は17色。

色数が多いアヴァターラは、7チャクラではなく6チャクラ(基本6色)を軸に用い、

  • 1次色であるレッド・イエロー・ブルー、二次色であるオレンジ・グリーン・バイオレット
  • 三次色であるロイヤルブルー・パープル・ジェイド・ターコイズ
  • アヴァターラ独特の「ピンクレインボー」マゼンタ・オリーブグリーン・コーラル・ゴールド・ラベンダー・ライラック
  • そして特別なピンクとクリア

通常のカラーセラピーよりも色数が多いので豊かな色彩世界が楽しめます。

アヴァターラカラーセラピー勉強会

 

また「本数指定」がある多くのカラーセラピーでは、1本目は「過去」2本目は…と「選ばれたボトルの順番」と「分析カテゴリー」が連動しています。

アヴァターラは「その人が選びたいだけ選ぶ」システムです。1本しか選ばない方もいれば、8本選ぶ方もいます。

「選ばれた本数」も「その人を表す大事な情報」です。

ゆえに、選ばれた本数で分析するカテゴリーが変動(フレキシブル)する特徴を持ちます。

 

アヴァターラ・カウンセリングを受ける

可愛らしいボトルと、詳細な分析が人気のシステムです。

「今の問題」「その問題に対し、対処しようとしていること」をメインに分析します。「今現在」を重点的に知りたい方にお勧めしております。

 

 

アヴァターラ・カラーセラピストになる

コンパクトで可愛らしいボトルと、綺麗な色合いからお問い合わせが多いシステムです。

  • 「使用色の多さ」と「カテゴリー変動の難解さ」から「初めて学ぶカラーセラピー」としては推奨しておりません。
    (「このボトルにすごく惹かれた!」と、頑張ってモノにしてくださっている方々も多いです。ただ他システムよりも使いこなすハードルは高めです)
  • 前述したように「第3のカラーセラピー」としての工夫が凝らしてあるので、出来れば基本である「過去~未来(センセーションオーラライト・オーラソーマなど)」のカラーセラピーを学んだ後でアヴァターラを学ぶと、より双方のシステムが深められるのではないかと思います。
  • 「今の問題点」「その対処」など「今のリアル」を読み解くアヴァターラは、具体的で詳細なリーディングが行えます。
  •  

アヴァターラ・ファーストセラピスト認定講座

受講費用 100,000円(税・テキスト代込み)
入学金 10,000円(当校初受講時のみ)
受講時間 全24時間 基本10時~18時×3日間
認定資格 アヴァターラカラーセラピストとしてアヴァターラ・ジャパン(株・プラネットワーク)より認定されます。

詳細は下記ホワイトターラ・メインサイトにてご確認ください。


※当ホワイトターラはアヴァターラジャパンよりティーチャーコースの開講を許可されたアヴァターラマスターティーチャー校です。
 

 

  アヴァターラお勧めの理由

オーラソーマ、オーラライトと学んだカラーセラピーの中で、わたし自身が格段に「スキルが上がったな~」と実感したのはアヴァターラでした。

17色を使いながら「色の分解」を身に着けることで、オーラソーマもオーラライトもリーディング出来る範囲が飛躍的に広がったのです。(その経験もあり、当校ではオーラライトセカンドコースにも色の分解ノウハウをかなり組み込んでおります)

  • 今まで見ていたボトルが、より深いモノを突如として語りかけてくる。
  • 一見バラバラなボトル達に隠れた繋がりが見えるようになる。

あの瞬間の感動は忘れられません。

 

また、色々なイベントに出展していた当時、搬送困難なオーラソーマやオーラライトではなくコンパクトでキャリーでも運べるアヴァターラは1番イベントで活躍してくれました。

「持ち運びの便利さ」では単色のボトルを勧めることが多いですが(センセーションや6ベーシックカラーセラピーなど)、せっかくならイギリス式カラーセラピーの「上下2層」で場数を踏んでいただきたいのが本音です^^

 

-カラーセラピー, カラーセラピーの種類と資格
-,

Top

Copyright© カラーセラピーと色彩心理・色のイメージや心理的な意味 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.