whitetara

  • カラーセラピー東京 金山知佳子

カラーセラピー 履修生用「よくあるご質問」

バイオレットとパープルの意味は同じか?

更新日:

カラーセラピストである皆さまは、

  • ご自身が選んだカラーセラピーを履修し認定資格を得ます。
  • 履修時に、そのシステムの「マニュアル(使用する色数・色名・チャクラ対応はシステムで異なります)」をテキストやカリキュラムに則り学んでいます。

でも受講後に色の歴史や心理に関わる本を読んだり、ネットで情報収集し始めると様々な疑問が出てくるようです。

一例としてよく頂くご質問は…

バイオレットとパープルの意味は違うのか?

 

西洋の「紫」色の代名詞はパープルの方です。

希少な染料だったpurpura貝(プルプラ貝~パープルの語源)はフェニキアで高値で取引され、当時の権力者たちから人気を博しました。ビザンツ帝国ではロイヤルカラーとされ「高貴な色」「禁色」でした。

「bone to purple」は「高貴に生まれつく」という意味です。

  • JISでは青味の強い紫がバイオレットとされています。日本語で言えばパープルは紫、バイオレットは菫色ですね。

上記を切り取ると、カラーセラピーのバイオレットは「菫色」。パープルこそ「紫」と表記してもよいようです。しかし…

  • 現代の慣用色名は赤味の強い紫をパープル、青味の強い紫をバイオレットと表記します。

ビザンツ美術のロイヤルパープルも現在の我々から見ると「赤味」が強く、経年退色を考慮しても「紫」ではなく「緋色」に見えます。

バイオレットとパープルの意味は同じか

羊とヤギを分けるキリスト

じゃあ「赤紫がパープル」「青紫がバイオレット」ね!と思うかもしれませんが…

カラーセラピーでは赤味の強い紫はパープルではなく「マゼンタ」や「ローズ」の色名がつけられてます。

歴史的に紐解けば、プルプラ貝の乱獲によりパープル染料が入手できなくなったあとにパープルの後釜に入ったのはロイヤルブルー(花紺色)です。よって色の象徴性から言えば「パープル」と「ローズ・マゼンタ」ではなく、「パープル」と「ロイヤルブルー」が「王家の色」として似てるのです。

 

上の一例で分かるように、特に色域が広い赤~青の3次色においては、

色味と色名に「普遍的な正解」はありません。

色と人類のつきあいはそれほど長いのです。

また、わたし達は文化人類学や色彩学の研究をしているのではなく「〇〇カラーセラピストとして人の心を分析するために色を扱う」立場です。

もし「正解」が欲しいなら、皆さんが学んだカラーセラピーシステム内に求めてください。「〇〇カラーセラピスト」の疑問の答えは「○○カラーセラピー」システムの中にあります。

 

センセーションカラーセラピーバイオレットとパープル

センセーションでは「青紫がパープル」「赤紫がローズ」です。

 

 

 

印刷物ですら、色相と色名にはブレが出る

 

色相明度彩度とカラーセラピー

色相・明度・彩度を記号で表記すると、「レッド」と「赤」すら微妙に違う色です。

 

1次色である赤ですら「赤をイメージして」と言われ脳内にイメージする「赤」は人それぞれです。

「正確に色を伝える」ためには色名は役に立ちませんので、カラーコンサルティングやカラーデザインでは「色を説明・再現する正確性」のために「記号(色相・明度・彩度)」が欠かせません。

まして、わたし達は照度や見る角度で「色味が違って見える」カラーボトルを用いるカラーセラピストです。

 

熱心に色の意味や歴史を調べる方ほど「色名」で混乱をきたしやすいのですが(調べること自体はとても良いことです^^)、

自分が何のために色の意味を調べているのか?

を見失わないでくださいね。

 

 


 

  履修生用「受講後、よくあるご質問」

 

  東京・品川カラーセラピー  

-カラーセラピー, 履修生用「よくあるご質問」
-, , , ,

Top

Copyright© カラーセラピーと色彩心理・色のイメージや心理的な意味 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.