バイオレットとパープルの意味は同じか?

バイオレットとパープルは同じ色? カラーセラピー

カラーセラピストである皆さまは、ご自身が選んだカラーセラピーを履修し、そのシステムの
「マニュアル(使用する色数・色名・チャクラ対応はシステムで異なります)」
に則り学び、資格を取得しています。

でも受講後に色の歴史や心理の本を読んだり、ネットで情報収集し始めると、
「○○システムのマニュアル(枠組み)」外の情報
が山ほど出てくる。そこで様々な疑問が出てくるようです。

一例としてよく頂くご質問は…

バイオレットとパープルの意味は違うのか?

西洋の「紫」色の代名詞はパープルの方です。
希少な染料だったpurpura貝(プルプラ貝~パープルの語源)はフェニキアで高値で取引され、当時の権力者たちから人気を博しました。ビザンツ帝国ではロイヤルカラーとされ「高貴な色」「禁色」でした。

「bone to purple」は「高貴に生まれつく」という意味です。

JISでは青味の強い紫がバイオレットとされています。日本語で言えばパープルは紫、バイオレットは菫色ですね。
上記を切り取ると、カラーセラピーのバイオレットは「菫色」。パープルこそ「紫色」と表記してもよいようです。しかし…

現代の慣用色名は赤味の強い紫をパープル、青味の強い紫をバイオレットと表記します。
ビザンツ美術のロイヤルパープルも「赤味」が強く、経年退色を考慮しても「紫」ではなく「緋色」に見えます。

ヴァイオレットとパープルの違い

羊とヤギを分けるキリスト

じゃあ「赤紫がパープル、青紫がバイオレットね!」と思いたいところですが…

多くのカラーセラピーでは赤味の強い紫はパープルではなく「マゼンタ」や「ローズ」の色名がつけられてます。

  1. 歴史的に紐解けば、プルプラ貝の乱獲によりパープル染料が入手できなくなったあとにパープルの後釜に入ったのはロイヤルブルー(花紺色)。
  2. 色の歴史…ロイヤルカラーという視点では「パープル」と「ローズ・マゼンタ」ではなく、「パープル」と「ロイヤルブルー」が「王家の色」として似てる。

それはそれで問題ないですよね。

では冒頭に戻り、なぜ生徒さん方は「バイオレットとパープルの違い」に悩むのか。

第6チャクラのパープルと、第7チャクラのバイオレット、位置も近いし色味も似ているから、カウンセリングの時に差を出しにくい。

という「カラーセラピストとしての立場」で調べているからですよね?

 

文化史に「絶対的な正解はない」

上の一例で分かるように、特に色域が広い赤~青の3次色においては、

色味と色名に「普遍的な・全世界、全時代で共通される正解」はありません。色と人類のつきあいはそれほど長いのです。

もし「正解」が欲しいなら、ご自身のポジションを思い出し、皆さんが学んだカラーセラピーシステム内に求めてください。

  1. 各カラーセラピーには創始者がいて、特に3次色は創始者の想いを反映した色名が使用されています。
  2. ○○カラーセラピストとして「バイオレットとパープルの意味の違いを知りたい」と思うなら、○○カラーセラピーの色相環と基本連想物を確認してください。

○○カラーセラピーシステムの正解は○○カラーセラピーの中にあり、皆さんは○○カラーセラピストです。
カラーセラピストとして色の歴史を調べるのは素晴らしいことですが、色の歴史の書籍の中に○○カラーセラピーの「正解」はありません。

ようは…テキストに立ち返ってね。

バイオレットとパープルの違い

センセーションでは「青紫がパープル」「赤紫がローズ」です。

印刷物ですら、色相と色名にはブレが出る

赤ですら「赤をイメージして」と言われ脳内にイメージする「赤」は人それぞれで「曖昧」です。色相・明度・彩度を記号で表記すると、「レッド」と「赤」は微妙に違う色です。

カラーコンサルティングやカラーデザインでは「色を説明・再現する正確性」のために「記号(色相・明度・彩度)」が欠かせません。

カラーセラピーのバイオレットとパープル

変わってカラーセラピストはついつい、
「バイオレットは○○な意味だから…。アレ?バイオレットって何色?このボトルってバイオレット?」
と「色名」に捉われ、「色名」から歴史を紐解きがち。

でも色名って、ホントに曖昧なものなんですよ。特に各国の歴史上の色名に普遍的正解はないです。

カラーセラピーの主役は「色そのもの」「色名」ではなく、

「その色に映し出された、人の心」

です。熱心に色の意味や歴史を調べる方ほど「色名」で混乱をきたしやすいのですが(調べること自体はとても良いことです^^)、

自分が何のために色の意味を調べているのか?

を見失わないでくださいね☆

藍色(インディゴ) | カラーセラピー色の意味と色彩象徴
カラーセラピーの「藍色(インディゴ)の心理的意味」と第6チャクラ、そして色の意味のベースになっている藍色の「色彩象徴」。藍色にポジティブに惹かれていれば、「直感力」「洞察力」などの意味になりますが、ネガティブに惹かれていれば「自閉」「孤独」に意味が変わります。アンバランスな時は補色の金色(ゴールド)を補うことでバランス...
紫色(バイオレット) | カラーセラピー色の意味と色彩象徴
カラーセラピーの「紫色(バイオレット)の心理的意味」と第7チャクラ、そして色の意味のベースになっているバイオレットの「色彩象徴」。バイオレットにポジティブに惹かれていれば、「精神性」「理想」などの意味になりますが、ネガティブに惹かれていれば「現実逃避」に意味が変わります。アンバランスな時は補色の黄色(イエロー)を補うこ...
タイトルとURLをコピーしました