堕天使 Fallen Angel オレンジ/レッド/ゴールド

「堕天使」センセーショントリコロール1 カラーセラピーボトルの意味と解説カラーセラピー

「堕天使」は、センセーショントリコロール12本中、「最も男性性の強いボトル」です。

レッドとゴールドのコンビネーションは他のカラーセラピーシステムでも「能動性・男性性」が際立つ組み合わせです。

太陽と月なら「太陽」、男性性と女性性なら「男性性」、陰陽なら「陽」を象徴する非常にパワフルな3色の組み合わせであり、神へ造反するほどのエネルギーと反骨心を持つ「堕天使」をシンボルとしています。

色からシンボルを読み解く

Fallingangelトリコロールカラーセラピー1番レッド・オレンジ・ゴールドの暖色3色は、全て「男性性」「太陽」「能動」「行動」「外向」の色。オーバーバランスになりやすい組み合わせです。

B1「堕天使~Fallen Angel」 オレンジ/レッド/ゴールド

この3色がポジティブであれば
  • 上層のオレンジ「人生を謳歌する」「体験と喜び」
  • 中層のレッド「直線的パワー」「負けず嫌い」
  • ゴールド「自己価値」「自信」「他者へ豊かさを分け与える」

目の前の困難や課題へ果敢に挑む勇気と行動力、達成するまでパワフルに前進し続けるエネルギーに溢れたボトルです。

この3色がネガティブであれば
  • 上層のオレンジ「他者への依存」「享楽主義」
  • 中層のレッド「破壊的」「フラストレーション」「敵を作る」
  • 下層のゴールド「不安」「心配」もしくは「傲慢さ」

目前の敵や目標に挑めないフラストレーションが攻撃性になったり、快楽のみを求める極端な状態になるかもしれません。

 

堕天使のシンボルから色を読み解く

「堕天使」は「神への反逆者」。
ルシフェルという名で知られ、サタンの前身です。しかし、カラーバイブルを合わせてご理解頂くと、「サタン=悪魔」の言葉に囚われず、
「一神教の神=教会権威・自由意志の弾圧」に屈しない「反逆者~マイノリティ・自由意志を持つ者」
をシンボライズしていることに気づくと思います。

「堕天使」は、
「支配を受け入れず、自分の価値観を行動に繋げ(または人を導き)、人生を楽しむ」ボトル
なのです。

センセーショントリコロールには一般的に「ネガティブ」な印象を受ける象徴名もいくつかあります。その背景は一神教下の善悪二元論。

「権力者/神=光」に強い威厳を与えるために、対極の「反権力側(反逆者)=闇」を「邪悪」の面が強調されます。ローマ・カトリック教会の下、それ以前の異教の神や異教徒は「悪」として説かれました。

しかし「光」を掲げたものが「絶対的正義」とは限りませんし、「絶対善」への固執は権威の誤用を生みます。
西洋史では「唯一神」の名のもとに迫害の記録も多く残っており、ゆえに「闇~隠れたもの・オカルティズム」史も長いのです。

「隠れた側」を研究した神智学協会は、アジアの多神教~相対性~に目を向けました。
そしてカラーセラピーは「神智学」の影響を受けています。

ルシフェル・ミカエル・ラファエル…天使は名前に「エル」をつけます。エルは「神という意・神聖さ」を意味します。ルシファーもかつてはルシフェルと呼ばれておりました。
堕天使してからは「エル」が抜かれ「ルシファー」表記になりますが、この記事ではルシフェルに統一します。

※カラーセラピスト勉強会「カラーシンボリズム」参加者は、レッドの回で紹介した「ルシフェル」を思い出してください。

そのルシフェルが堕天使した理由ですが、ルシフェルは聖書正典に記された天使ではありません。

「ああ、おまえは天より墜ちた。明けの明星、曙の子よ。おまえは地に投げ落とされた。もろもろの国を倒した者よ~・・」(旧約聖書イザヤ伝第14章12節)

ここから「ルシフェル=明けの明星」の名が生まれ、3~5世紀にかけ、「かつては神に寵愛され、堕天した天使」=「サタンの前身としての堕天使」のイメージが確立されました。

(イザヤ書のこの一説は、カナンの異端派の教典を流用している説もあり、そこでは「父である太陽神」に、「母である大地母神~(陰府)」と交合する為に(性的欲求)反旗を翻した。という書かれています。が、遡るとシュメール神話や普遍的無意識の話になるので割愛)

堕天した理由はレッド&ゴールド?

正典に書かれていないので、堕天理由はすべて後付けです。

  • 自らが「神を凌げるのでは」という奢りが生まれ、神に戦いを挑む。
  • 神が天使以上に人間を愛するのを嫉妬し、戦いを挑む。

この2点は「奢り」や「嫉妬」により墜ちた、とする「権威(唯一神)寄り」の説ですね。

ゴールド「驕り」「驕慢」と、レッド&オレンジの「パンション」~冷静さの欠如~「向う見ずに目の前の敵にぶつかる」「本能・感情のままに行動する」「短期的な視点しか持てない」
ゴールド「権現的な不安」「自己評価の低さ」と、レッド&オレンジの「フラストレーション」「焦り」「感情の不安定」「感情の傷」

男性性・太陽の色3色がネガティブになると、やはり客観性が欠けやすく「過度な攻撃性」「今この瞬間の勝利」などアグレッシブさが顕著に出ます。しかし別の説では、

  • 神は「自身を敬愛させるために」天使を創ったので、天使たちには創造の時より、「神への敬愛」がプログラミングされていた。
    しかし神は「自由意志を持ちながらも、自発的に神を敬愛することを最上」とも考えた。

神はプログラムを持たず「自由意思」を持つ者たちをあえて創りました。…結果、神は敬愛を得ることが出来ず、ルシフェルは反旗を翻しました。

「堕天使」センセーショントリコロール1 カラーセラピーボトルの意味と解説

後者の説を取れば「堕天使」のオレンジ/レッド/ゴールドは、

オレンジ&レッドは「生きることを楽しむ」「自分の感情・意思を貫く・優先する」「上昇志向と反骨精神」「臆さずチャレンジする」「革新的な」「リーダーシップ」になり、
ゴールド「絶対的な自己への自信」「自己評価とプライドの高さ」「目的に向かう努力とアクション」「権力を行使する」「サクセスを得る勇気」

自分の力で達成することに至上の喜びを感じ、自分を従えようとする権威や、自分の目的を邪魔する者は、たとえそれが神であろうが1歩も引かない自信とパワーを合わせ持つ組み合わせになります。

 

神秘主義者に愛されたルシフェル

ルドルフ・シュタイナーは神智学協会のドイツ支部支部長をしていた当時「ルシファー」という機関紙を作っていました。

トリコロールB5「グノーシス」派には、「神が隠した奥義を明かしてくれる=ルシフェル」を主神と崇めた一派もあります。西洋史を理解して日本人の歴史や宗教観にはない、

「絶対的な神~キリスト教会」VS「マイノリティ(西洋オカルティズム思想)」

この関係性を理解すると、センセーショントリコロールの(ただの悪ではない)「堕天使」の立ち位置が見えて来るのではないかと思います。

 

当記事に関しまして

カラーセラピー色の意味と色彩象徴(カラーシンボル)12COLORS
カラーセラピーで使用する12色の心理的意味~アリストテレスは「色派光と闇の間に生まれる」と書き記しました。色は神秘と隠喩に満ちていて、哲学者・預言者たちはさまざまな思想・象徴・信仰に色を与えました。フェイバー・ビレンは「色の歴史は、人類の文化史」と述べています。カラーセラピーの色の意味と、ルーツになっている「カラーシン...
センセーショントリコロールボトル解説一覧
堕天使 Fallen Angel オレンジ/レッド/ゴールド
「堕天使」は、センセーショントリコロール12本中、「最も男性...

ヘカテ Hecate ピンク/バイオレット/ブルー
ギリシア神話の女神のボトルです。トリコロールには「女性性」「...

Divine Light Mission 神聖なる光のミッション オレンジ/レッド/ペールブルー
ディバインライトミッション…神聖なる光とは「真理を表す光」の...

ジプシーズ ペールブルー/ターコイズグリーン/ゴールド
ジプシーズは広い視野(ペールブルー)を持ち、異なる世界、異な...

グノーシス ペールイエロー/イエロー/ピンク
「グノーシス」は、自分の外に神(光・方向性)を求めるのではな...

レムリア Lemuria オレンジ/レッド/ターコイズ
「レムリア」は過去インド洋にあったとされる幻の大陸です。 ...

悪魔の目 Evil-eyes ペールターコイズ/ディープオレンジ/レッド
髪の色や目の色、膚の色など、表層の違いで差別・排除をするのは...

コスミック・アイス Cosmic Ice クリア/ペールターコイズ/ターコイズ
コスミック・アイスは宇宙を覆う氷のボトル。12本の中で最も冷...

Feminine Principle~Lunar Goddes ペールブルー/ブルー/クリア
B1「堕天使」と真逆で最も女性性が強いボトルです。 太陽と...

エレクトリック・ボイス ペールイエロー/イエロー/ブルー
エレクトリック・ボイスは肉体の五感を越えた声や音を聴き、ブル...

アカシックレコード ペールゴールド/ペールグリーン/ディープターコイズ
過去の記憶へアクセスし、今を生きる自分・他者のために活用する...

Ju-Ju ペールターコイズ/パープル/ローズ
古い価値観や土着の信仰、受け継がれた儀式にはプラシボ的に有効...
タイトルとURLをコピーしました