whitetara

  • カラーセラピー東京 金山知佳子

カラーセラピー カラーセラピーの種類と資格

カラーセラピストとは?色の診断・色の処方

更新日:

カラーセラピーには明確な定義があります。

  1. COLOR DIAGNOSIS(診断)
  2. COLOR HEALONG(処方)

1「色の診断」と、2「色の処方」がシステム化されていると「カラーセラピーシステム」と呼ばれます。

ゆえに、カラーセラピストとは

心を診断する色の知識と、色により処方を行う専門的ノウハウを持っている人。

と表現できます。

カラーセラピストは色のイメージや意味・心や体と色の関連だけではなく「色の処方~様々なカラーヒーリング手法」にも精通していることが望まれます。

カラーセラピストとは

色の診断・色の処方

当校には多くのカラー関連の講座がありますが、色には元来「心の診断」と「癒し(処方)」2つの側面があります。当校の講座も大きく分けると、

  1. 色の「診断」をメインとするもの。
  2. 色の「処方」をメインとするもの。

に大別することができます。

1、COLOR DIAGNOSIS 色の心理診断

 

【色で心理分析を行う】

定められた本数の色をクライアント自身で選び・手に取り・置いていきます。
選ばれた色や位置には、「今のあなたの心(本音)の状態」が投映されているのです。

カラーセラピストは「選ばれた色」「置かれた位置」に投映されたクライアントの心理を分析し、潜在意識や曖昧な感情に働きかけ、

  • 自分が本当はどのような人間で
  • 今現在、なにを望み・どのような状態で
  • この先どうなりたいのか

「クライアント自身に今の自分を自己認識」していただくためにカウンセリングを行います。

そのために、より多くの色の意味を知りカウンセリングで活用する知識や、セッションの場での洞察・直感力などが求められます。

この「分析プロセス」を終えたら、次の「2)カラーヒーリング(色の処方)」プロセスへ進みます。

※ただし、カラーセラピーは色彩心理学ではありません。色彩心理学やロジカルな診断を求める方はリュッシャーカラーテスト(自己統制心理学)がお勧めです。

 

2、COLOR HEALING 色の処方

カラーヒーリングプロセスでは「1、色の診断」で導かれた「色(と意味)」に対し、

色を予防医療的に用い、心身の健康を促す援助とする

そのための提案をする。ここまでが「カラーセラピー」のワン・セッションです。

「意識づけのサポート~アファメーション、メディテーション」から、「カラーヒーリング専用ツールを使用~色の塗布・飲む・色光照射など」まで、カラーヒーリング手法は多岐に渡ります。

 

■専用のカラーヒーリングツールを使用する場合、

  1.  チャクラやオーラ、経絡と「色」の知識を用い
  2.  ヒーリングツール(色)を適所に「塗布」「照射」することで「流れ」「滞り」を是正します。

医療ではありませんので「心身のバランス是正」「微細身のクリアリング」などを目的としています。

センセーションカラーセラピー

心理診断をしたボトルにアロマやハーブが入っており、そのまま肌に塗る処方もあります。

 

■専用ツールを用いない場合、身近な色でクライアントさんに色の処方を提案します。

古代より人類は自然の色(食べ物や太陽光など)を取り入れ「色の処方」~カラーヒーリングを行ってきました。よって特別な専用ツールがなくても出来るカラーヒーリングも多くあります。

  • COLOR MEDITATION 色彩瞑想法
  • COLOR BREATHING 色彩呼吸法
  • COLOR INTAKE THROUGH FOODS 食べ物で色を取り入れる
  • SUNBATHING IN COLOR 日光浴

より多くのカラーヒーリング手法を知っているセラピストほど、クライアントが無理なく・必要な色を取り入れられるアドバイスができるのです。

 

セラピストがすでに持っているスキルを生かす

古くからあるカラーヒーリング以外の手法を、セラピストが提案&応用することも増えています。

カラーボトルで「診断」をした後の「処方」に、

 自分が趣味で行っている絵画や手芸、アクセサリー作りなどを組み合わせる。
※セラピストの趣味や好きな事をカラーとコラボレーションすることで生かすチャンスでもあります。

すでに他のセラピースキルをお持ちの場合、もともとのスキル~アロマやクリスタルヒーリング、パルテルアートなど~と、「色の診断」をコラボレーションする。
※他のサロンとの差別化・個性化を図ることにも繋がります。

カラーセラピストとは?

知識を得ることで、身近にある「色」を人のために活用できるのです

色は生活のすべてに関連しますので、「色と心の知識」「基本的なカラーヒーリングへの理解」があれば、どのようにでも活用できるのです。多様なカラーヒーリング手法を自在に組み合わせ、

  • 色による心身の「診断」と「処方」を行うのがカラーセラピー

であり、

  • そのスキル・ノウハウを他者に提供できる専門知識を持つ人が「カラーセラピスト」と呼ばれます。

 

カラーセラピーの資格と種類

 

 

-カラーセラピー, カラーセラピーの種類と資格
-,

Top

Copyright© カラーセラピーと色彩心理・色のイメージや心理的な意味 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.