whitetara

  • カラーセラピー東京 金山知佳子

自然(基本連想)物から生まれた色の意味 色のイメージと心理

藍色の基本連想物~2016年メルマガ

更新日:

今年(2016年)のメルマガは、2015年の勉強会「色の意味の構成」に入れていた「基本連想」の復習を兼ねてます。(テキストの「プライマリーアソシエーション」)

勉強会履修済みの方も、そうじゃない方も「自然の色」に立ち返ってみてください。

>> ホワイトターラ「カラーセラピスト勉強会」

 


 

インディゴ(パープル)は「深い空・深い水」の色です。
わたし達が(知識も常識も格段に少ない)原始人・古代人になりきった時、この色になにを感じますか?

青より更に遠く深い藍色

昼間、眼に見えるのは青空や水面~光を反射する世界です。(空や水の色に固定するなら「青」)

わたし達は「見える世界に意識を向ける」ことに馴染み「いつもの青空、いつもの水面(がシンボライズする青)」がある風景に安心します

しかし、インディゴやパープルは「見える世界」に隠れている「向こう側」に行く色。

  • 青い空の更に奥に隠れた「深い空(宇宙)」
  • 水面の更に奥に隠れた「深い水(深海)」

目に見えない・意識を越えた向こう側…「潜在意識と繋がる」色です。

夜の闇の藍色

光の届く場所の「奥」にある、光の届かない場所の色

灯りのない時代、人間は洞窟の底や森の奥深くなど「暗い場所」「奥深い場所」を「直感的」に恐れました。

「暗さと深さ」が合致する足を踏み出すと、光の届く場所から自ら遠ざかる・そう簡単に戻れなくなるという「恐怖」を伴います。

「視覚」に頼れない闇の世界は 「人知を超えたなにか」「(意識の)理解を超えたもの」に対する「畏怖・畏敬の念」を自然と生みだします。

 

インディゴは日常から遠い色

 

ゆえに古代から、光や現実世界の刺激から隔たれた「暗い・深い」場所は、 生活空間と一線を画した「祈り」や「儀式」の場所として活用されました。

闇は恐怖と同時に「理性や知性を越えた何者か」との「繋がり」を思いださせてくれるのです。

 

ラスコーの彩色壁画

ラスコーやアルタミラでは洞窟の「奥底」で彩色壁画が描かれました。

 

インディゴは「必要なものを知る」「直感的理解」の色であり、 闇や自然に対する畏怖と敬意に代表される「意識外の知(直感)」を表す色です。
視覚からの情報に頼る人間に、闇が畏怖を想起させるのは自然なことです。

しかし暗い胎内で10月10日育まれ光の下に誕生するのも人間です。

闇は畏怖と同時に「落着き」「回帰」「かつて知ってる」感覚を呼び起こします。

インディゴ(パープル)には「直感」「直観」「第6勘」「見えないものを見る」など特殊能力のイメージがあるかもしれませんが、

わたし達がもともと知っている(知っていた)こと

を思いだす色なのです。

※カラーセラピーの世界では青味の紫~サードアイの色~を3次色として扱います。システムにより「インディゴ」「パープル」「ロイヤルブルー」「ラピス」と色名が変わります(が、すべて「サードアイ」「青味の紫」)ので、この記事では一律で扱ってます。

 


 

このような「自然の色」と人類の長い長い付き合いから、「色彩象徴」が生まれカラーセラピーの「色の意味」に繋がっています。

「色の知識」に凝り固まり過ぎず、たまにはシンプルに自然の色に立ち返ると、色の本質が見えて来るかもしれませんよ♪

 

WHITE-TARA COLOR通信76 2016年6月1日配信済み


 

自然の色~関連ブログ

 

自然の色一覧

  東京・品川カラーセラピー  

-自然(基本連想)物から生まれた色の意味, 色のイメージと心理
-, , ,

Top

Copyright© カラーセラピーと色彩心理・色のイメージや心理的な意味 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.