whitetara

  • カラーセラピー東京 金山知佳子

カラーセラピー 履修生用「よくあるご質問」

カラーハーモニー~センセーション「補色」の読み解き

更新日:

センセーションカラーセラピーには「カラーハーモニー(補色)」の組み合わせがあります。

「互いに補い合う、よい組み合わせ」

センセーションカラーセラピーでは補色をポジティブに扱います。(補色の扱いはシステムで微妙に異なります)

 

カラーハーモニー~センセーションカラーセラピーの補色

 

センセーションカラーサークル(色相環)における補色は、以下の通り。

●レッド●グリーン
●オレンジ●ブルー
●イエロー●バイオレット
●パープル●ゴールド
●ローズ●スプリンググリーン

10色5組の組み合わせがあります。(補色は各システムの「色相環」により変動します)

センセーションカラーハーモニー(補色)

センセーションカラーサークル

 

色の意味を用い「補い合う良い組み合わせ」として補色を読み解くのが「センセーションカラーハーモニー」です。
(もちろん、このスキルはオーラライトやアヴァターラなどの2層組み合わせにも適応できます)

  • 色の意味はたくさんあります。
  • そのクライアントさんにとって「どの意味とどの意味が調和(ハーモニー)してるか?」はクライアントさんに聴かないと分かりません。
  • まずはセラピストが「色の意味」を覚えてないと「補色として表現」できません。

補色2色の意味を用いて「こんな風に補い合っていたらバランスがいいな。このクライアントさんにとってはどうだろう?」とクライアントさんに問いかけなくては「正解」が出ません。

 

チャクラワードを使ってみる

「正解」はありませんが、1つの考え方としてチャクラワードで「組み合わせ」たパターンをあげておきます。

レッドグリーン第1チャクラ(BODY)第4チャクラ(HEART)

肉体と心
行動力と気持ち
リーダーシップと協調性
猪突猛進とバランス


オレンジブルー第2チャクラ(EMOTION)第5チャクラ(MENTAL)

感情精神性
外向内向
友人と楽しむことと、1人を楽しむこと
体感することと、言葉で表現すること


イエローバイオレット第3チャクラ(MIND)第7チャクラ(SPIRITS)

意思自己実現
個人社会貢献
自己主張熟考
理性直感


パープルゴールド 第6チャクラ(INTUITION)第10チャクラ(ゴール)

直観目標
洞察力知恵
深い内省自己評価
閃き努力


ローズスプリンググリーン第8チャクラ(成熟)第9チャクラ(新しいスタート)

成熟させることと新しい方向性
収穫リスタート
他者への配慮自由で無邪気な
全体性絞り込み


※一例です。チャクラワードから自分で広げてみましょう。

 

 カラーハーモニーを読み解くポイント

過去のレッド&グリーン、今のゴールド&パープルがカラーハーモニーです

今のゴールド&パープルがカラーハーモニーです

 

例えばゴールド「目標達成へ向けた努力」をしている方に、補色のパープルの「洞察力」「直観力」が「自分の道を進む」ようにサポートしていたら最高ですよね。
もしくはパープルの「深い内省」「内向」と、ゴールドの「外向」「人の上に立つ」が調和していれば、「人の上に立ちながらも、常に深く内省をする人」としてバランスが良いですよね。

  1. まず1つ1つの色の意味を覚えて理解する。
  2. 「色の意味」を「組み合わせ」「補色~調和がとれる(と思える)」組み合わせを自分で考える。
  3. セッションの場で「クライアントさんに聴いてみる」。覚えたことを使ってみる。

こうやって1~3の手順を踏んで「カラーハーモニー(というか色同士を組み合わせた表現)」の使い方に慣れて行ってください。

 

 

 

2013年のカラーセラピスト勉強会では1年を通し「補色で色彩言語」を学び、皆さまに「補色のワードの組み合わせ」を作って頂きました。

わたしが思いつかないような言葉の組み合わせも多々ありました。もちろん、セッションの場での「正解」はクライアントさんの心の中にあります。
でも、「正解」を導くために用いる色の意味のセレクトセンスには「セラピストの色の個人史・経験値」が反映されます。それがセラピストの個性だし魅力なのです。(だからカラーセラピーって面白いんですね)

 

 2層カラーセラピーシステム

オーラライトやアヴァターラなどは「カラーハーモニー~補色は調和してる良い組み合わせ」という枠がありませんので、補色は、

・ポジティブに作用していると「両極のバランスが取れている」
・ネガティブに作用していると「葛藤・お互いが足を引っ張り合う」組み合わせになります。

上記チャクラワードを参考に「問いかけ」てみてください。

また「どちらの色が上か?」で「優先するものがどちらの極か?」がわかります。※このスキルを詳細に学ぶのが、オーラライトやアヴァターラのセカンドコースとなります。

 


 

 履修生用「受講後、よくあるご質問」
カラーセラピーお問い合わせ
  品川カラーセラピー  

-カラーセラピー, 履修生用「よくあるご質問」
-, ,

Top

Copyright© カラーセラピーと色彩心理・色のイメージや心理的な意味 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.