whitetara

  • カラーセラピー東京 金山知佳子

カラーセラピー カラーセラピーの種類と資格

カラーセラピーの種類-海外システム・日本システム

更新日:

カラーセラピーの種類を大別すると「海外システム」「日本システム」2つに分かれます。学ぶべきシステムに迷う時は、

  • カラーセラピー発祥の「英国式」や、英国式の影響を色濃く受ける「海外システム」に拘るか?
  • 日本で生まれたカラーセラピー「日本システム」にするか?

という選択の仕方もあります。
また、特にご自身が「カラーを仕事にしたい」と思ってる方に大事なのは、

  • 「どのような本部が発信しているカラーセラピーシステムなのか?」

資格を取得し仕事にする場合は「カラーセラピーシステムの本部」が取引先になります。
「本部がちゃんと機能している」「実績と歴史がある」=「システムの信頼性・安定性」に連動します。

一時期、雨後のタケノコのように多く誕生した「日本人が創ったカラーセラピー」が多数消えていることを見ても(受講費を払い、資格を取った方々がどうなったのかは分かりません)、「安価だから」「家から近いから」という理由だけで履修するのはやめた方が良いと思います。

※以下、当校が扱っているシステム基準を軸にご説明しています。あくまでもご参考としてどうぞ。

 

英国式&英国式の影響を受けた海外カラーセラピー

「英国式カラーセラピー」

カラーセラピーの歴史は1984年、イギリスにてオーラソーマの誕生から始まりました。すべてのカラーセラピーの基礎は英国式カラーセラピーにあり、「西洋のニューエイジ」から見た一神教(西洋)・多神教(東洋)の思想・宗教観が「カラーセラピーの色の意味」に影響を与えています。

ゆえに、すべてのカラーセラピーの基礎は英国式カラーセラピーにあります。

1984年オーラソーマの誕生に続き、イギリスでオーラライト、アヴァターラカラーセラピーが生まれ、長年世界に向け発信され続けていますので、カラーセラピーシステム本部としての信頼性は最も高いです。

日本国内では、英国本部と「日本代表本部契約」を結んだ日本の企業・スクールが「日本代表権」を持ち管轄しています。

当校が協力校を務めている名古屋エコール・ド・メチエ(並びに関連会社)が、英国式オーラライト、リビングカラー、アヴァターラ、ヒーリングオーラスプレー(イギリス)、センセーション(カナダ)、カラーミラー(南アフリカ)の「正規日本代表本部」を務め、長年本部業務を担っております。

英国式カラーセラピーを学んだ日本人が創った日本のカラーセラピー

英国式カラーセラピーを学んだ日本人が開発した日本式カラーセラピーシステムです。

当校では、わたしの友人であり長年エコール・ド・メチエの主任講師を務めた伊藤昭治代表のフレイムカラーセラピーのみ、信頼が置けるので扱っています。

「どのようなスクールが創始したのか?」「創始者の色へのスキルは?」など詳細を調べてから履修しないと、高い受講費を払っても基本中の基本を学べていなかったり、本部自体が数年で活動停止していることもあります。

 

日本人が創ったフレイムカラーセラピー

日本人が創ったフレイムカラーセラピー

 その他、日本式カラーセラピー

ブログやSNSで個人発信が多様化している現代、アイディアに名前をつけてSNSで発信さえすれば、形式上は「カラーセラピーの本部」に誰でもなれます

(個人的に)驚くべきことに、本流のカラーセラピーを学んだこともなく「○○カラーセラピー」と称して自作のシステムを発信する方も多くいるようです。

多くの方は「カラーセラピーというものの成り立ち」を知らず、「色々なカラーセラピーがあるんだな」「安い方がいいかな」と受講し、受講後に色々調べて疑問を抱き始めたり

  • 受講費を支払い資格取得しても、活動できるだけのスキルを学べてない(活動できるまでのスキルを取得するのに、更に高額なコースを勧められる)
  • 本部が活動をやめている&そもそも活動していない、などのクレームも聞きます。

出来れば事前に、

  • そのカラーセラピーシステムは、その投資額と本当に見合っているのか?
  • 本部(もしくは創始者)は継続的かつ真摯にカラーセラピー活動をしているのか?

など確認した方が良いとは思います。

以上のように、一口に「カラーセラピー」と名乗っていても「英国式」「英国以外の海外式」「日本式」など実はまったく違うのです。

 

なぜカラーセラピーを学びたいのか?

「○○カラーセラピーを学んだけど、カリキュラムに基本的な知識がなかった」「○○カラーセラピーを学んだけど、色の意味すらわからない」「活動したかったけど、本部がなくなってる」

との疑問を抱き、当校にお越しくださる方が近年増えています。

  • 「ちょっとだけカラーセラピーに興味があった」のであれば、安価で手近なシステムを体験してみるのも良いでしょう。
  • 「色が好きで勉強したい!」のであれば、せめて「好き」な気持ちに報いる姿勢のシステムやスクールを探すべきです。
  • 「色を仕事にしたい!」「やりがい・いきがいを見つけたい!」のであれば、継続的活動を持続している本部の・ちゃんとしたシステムを選ぶべきです。

これからカラーセラピーを学ぶ皆さまが、色にがっかりすることがないようにお祈り申し上げております☆

 

 

 

 

-カラーセラピー, カラーセラピーの種類と資格
-, , , , , ,

Top

Copyright© カラーセラピーと色彩心理・色のイメージや心理的な意味 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.