紫色(バイオレット)の心理

カラーセラピーの基礎知識

紫色(バイオレット)のレッド(火)とブルー(水)

バイオレットは赤と青の混色。古来より人間に「暖かさ」を与えてきた「火」と、「冷たさ」の「水」。2つの相反する質を併せ持つ色です。火と水は互いに打ち消し合い、拮抗する2つのエネルギーのダイナミズムは「大いなる変容」「変質」を生みだします。「水」と「火」という対極のアンバランスさを内包するバイオレットだからこそ、変化の色でもあるのです。
色のイメージと心理

紫色(バイオレット)の意味(2次色と色相環)~2018年メルマガ

赤、青、黄色のプライマリーカラー(1次色)を1/2ずつ混色す...
自然(基本連想)物から生まれた色の意味

紫色の基本連想物~2016年メルマガ

バイオレットは「夜空」の色です。 わたし達が(知識も常識も...
カラーセラピー

バイオレットとパープルの意味は同じか?

カラーセラピストである皆さまは、ご自身が選んだカラーセラピー...
タイトルとURLをコピーしました